カードローンとキャッシングの違いを解説

コラム

急な出費があった時、強い味方と言えるカードローンやキャッシング。
どちらも今や近くのコンビニでも利用でき、本当に便利ですよね。
ところで、カードローンとキャッシングにはどんな違いがあるのか、知っていますか?
どちらも同じように使えるので、似たようなイメージがあるカードローンとキャッシングですが、実は別物なのです。
それでは、具体的にどんな点が違うのか、今回はカードローンとキャッシングの違いについて、詳しく解説します。

カードローンやキャッシングの定義を知っていますか?

はじめにカードローンやキャッシングとは一体どんなものなのかをまとめましょう。

1. カードローン

カードローンは、銀行や、アコムやアイフルなどの消費者金融が取り扱っている商品のことで、発行されたカードで現金の融資を受けるものです。
これは現金の融資を目的としたカードですから、ローンカードを使用してショッピングをすることは出来ません。

※もっと詳しく:『カードローンの種類と総量規制』

 2. キャッシング

キャッシングは、クレジットカード会社や信販会社などが取り扱っているもので、基本的にショッピングを目的としたクレジットカードに、サービスとして付いているキャッシングの枠を使って現金を借りることを言います。
今では、申し込みの段階で敢えてキャッシング機能なしに設定していない限り、いつでもキャッシングの利用が可能なクレジットカードがほとんどになっています。

こうして見てみると、お金を借りることが出来るという点では同じカードローンとキャッシングですが、取り扱っている業者自体が違うのです。
銀行や、消費者金融のようないわゆるノンバンクは、利用者に資金を融資すること自体が業務であり、融資を受けたお金を利用者は決められた期間で返済します。
この時にキャッシュカードと同じようにカードを使ってATMで借入ができる商品がカードローンです。
そして、もともとキャッシングというのはクレジットカードのキャッシング枠を利用して現金を借りることを指していました。

しかし最近では、銀行や消費者金融のカードローンといっても、来店する必要がなく、申し込みから契約までWEBで完結できるシステムを活用していること多く、カードを発行することなく現金を借りることができるようになりました。
その結果、実際は銀行や消費者金融からカードで融資を受けているカードローンなのに、カードが存在しない、という状況ができてしまい、ますますカードローンとキャッシングの差が分かりにくくなっています。

とは言え、そもそも取り扱っている業者が違い、カードローンは銀行や消費者金融といった、融資を専門に扱っている業者の商品であり、キャッシングはあくまでもクレジットカード会社などが発行するクレジットカードにサービスとして付いているものである、ということは覚えておきましょう。

カードローンとキャッシングの大きく異なる点

取り扱っている業者が違うことで、カードローンとキャッシングにはどんな違いがあるのか、具体的なカードローンとキャッシングの違いを見ていきましょう。

①”枠”の定義

カードローンは、そもそも現金を借りるためのものですから、カードの枠すべてが、現金を借り入れることができる金額になります。
ですから、枠が30万円のカードローンであれば、30万円現金で借りることが出来ます。
それに対してキャッシングというのは、クレジットカードについているサービスなので、クレジットカード全体の枠の中に、ショッピング枠とキャッシング枠の両方が含まれている、ということになります。
つまり、仮に枠が30万円のクレジットカードで、すでに10万円分ショッピングで利用しているとすると、キャッシングが可能な金額は20万円になるのです。

カードローンはカードの限度額分現金を借り入れることが出来ますが、キャッシングの場合、クレジットカードの限度額がそのままキャッシングできる枠ではありません。

②審査の有無

審査の面でも、カードローンとキャッシングには大きな違いがあります。
カードローンは、銀行や消費者金融から融資を受けて利用するものなので、融資に対する審査はもちろん必要になります。
ところがキャッシングの場合、審査は必要ありません。
驚かれるかもしれませんが、キャッシングはクレジットカードにもともと備わっているサービスで、クレジットカードを発行する時にすでに審査を受けている状態と言えます。
ですから、キャッシング機能の付いたクレジットカードを持っているなら、審査を改めて受ける必要なく利用することが出来るのです。
ただし、クレジットカードを申し込む時に、キャッシング0円で設定している場合は、キャッシング枠を設定するための審査が必要なので注意しましょう。

③海外でのキャッシング

海外で利用する場合にも違いがあります。
まず、海外ではカードローンが利用できません。
日本国内ではコンビニを含め、いつでもどこでも利用できるイメージがあるカードローンですが、そもそも融資であり、融資を受けた銀行や消費者金融のATMか、提携しているATMでしか利用することができないのです。
それに対してクレジットカードというのは、その多くが世界中で24時間、いつでもクレジットカード決済が可能である国際ブランドなので、世界中ほとんどの国や地域で日本と同じように利用することができるのです。
この点は、取り扱っている業者の違いが大きく反映しています。

➃借入額

最後に借入額の違いです。
カードローンの借入額は、個人の収入などの状況による審査で決められるので、数万円から場合によっては数百万円まで様々です。
それではキャッシングはどうかというと、こちらは比較的少額の設定となっている場合が多く、ショッピング枠と合わせておおよそ50万円程度が相場となっています。
これは、そもそもキャッシング枠がクレジットカードのサービスであり、現金を借りることを目的としていないことからきています。

上記を踏まえて考えると…

取り扱っている業者の違いからくる違いはいくつかありますが、お金を借りるという点ではカードローンとキャッシングにそれほど大きな違いはありません。
特に、以前のキャッシングは一括払いが基本であり、この点ではカードローンと大きな違いがあって、場合によっては使い分ける必要もありましたが、現在では、キャッシングでもリボ払いに対応しているので、取り立てて使い分ける必要がありません。
強いて言えば、ショッピングも含めて1つのカードにまとめて管理したい人にはクレジットカードのキャッシングがおすすめで、ショッピングとは関係なく借入だけを考えるのであればカードローンがよいでしょう。

今回は、カードローンとキャッシングの大きな違いを解説してきました。
結果として、お金を借りるという点では、カードローンとキャッシングには大きな違いはありません。
もうお持ちの場合は、今のカードで、これから申し込むという人は、ショッピングが必要かどうかで判断してみてはいかがでしょうか。

もちろん、カードローンとキャッシングには、分割やリボなどによる金利の違いなど、細かな違いはたくさんあります。
そういった細かな違いに関しては、次回以降の記事で改めて解説しますので、是非ご期待ください。

本田ヒルズタワークリニック本田ヒルズタワークリニック本田ヒルズタワークリニック本田ヒルズタワークリニック本田ヒルズタワークリニック本田ヒルズタワークリニック本田ヒルズタワークリニック本田ヒルズタワークリニック本田ヒルズタワークリニック本田ヒルズタワークリニック本田ヒルズタワークリニック本田ヒルズタワークリニック本田ヒルズタワークリニック本田ヒルズタワークリニック本田ヒルズタワークリニック本田ヒルズタワークリニック本田ヒルズタワークリニック本田ヒルズタワークリニック本田ヒルズタワークリニック本田ヒルズタワークリニック本田ヒルズタワークリニック本田ヒルズタワークリニック本田ヒルズタワークリニック本田ヒルズタワークリニック本田ヒルズタワークリニック本田ヒルズタワークリニック本田ヒルズタワークリニック

タイトルとURLをコピーしました